美容師の求人事情について

美容師になるには、美容専門学校で技術を学んだ後に国家資格である美容師免許を取得しなければいけません。

美容師は、試験に合格して免許を取得できても、最初は美容師のサポートを行うアシスタントとして美容院で働くのが一般的です。そして、数年間美容院でアシスタント業務をこなしながら、営業時間外でカットなどの実践的な技術を学んでいき、美容院内で行われている社内試験を経て、お客さんを担当することができるスタイリストに昇格できるという流れが主流になっています。

スタイリストも美容院によって、新人や中堅、ベテランなどの経験数に応じて、「ヘアサロンディレクター」「トップスタイリスト」などの名称でランク付けを行っているところもあります。美容師の求人は、ほとんどの場合アシスタントとスタイリストの2種類に分かれます。アシスタントの場合は、未経験でも応募できるところが多いですが、スタイリストはほかの美容院等で経験者が応募条件になっています。

アシスタントの仕事は、シャンプーやブロー、カラーリングなどの補助的な美容技術を行うほか、掃除やお会計、予約の受付などの事務や雑用面まで幅広いです。スタイリスト募集の中には、将来の経営幹部候補としての求人募集もあります。求人事情としては、大型店ほど雑務が多くなるため、アシスタントの求人数が多い傾向で、少数精鋭で経営している小規模な美容院は、即戦力になるスタイリスト募集が多い傾向です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *